敗者復活の権利

更新日:11月10日



じゅりっこさんの生き方の主軸になっている考えのひとつに「挑戦すること」があります。




とにかくやってみる。

時期は待たない。今すぐやる。

今持っているもので最善を尽くす。

失敗は考えない。

最初から完璧を求めない。

改善しながら動く。

現実を一ミリでも変える。




こういった考えの持ち主なので、失敗も多いです。



かつてはアイドルの真似事をしてステージで歌を披露したり、料理動画やコンビニスイーツ紹介動画をUPしたり、迷走していた時期もありました。


ステージでは音程外した上に歌詞が飛んでしまい、帰り道に「今日の記憶は消す」としょぼくれていましたし、謎の低クオリティVlogもどきは20回再生もしてもらえずに終わりました。



なにをするにも遠回りしがちな彼女ですが、挑戦したからこそ、このルートはだめだなとわかるわけです。

逆に、挑戦しなかったらYouTubeインストラクターも始めていないかもしれない。





岡本太郎先生の本でこんな言葉が出てきます。


「挑戦した不成功者には、再挑戦者としての新しい輝きが約束されるだろうが、挑戦を避けたままでオリてしまったやつには新しい人生などはない。ただただ成り行きにまかせてむなしい生涯を送るにちがいないだろう。」




最近、挑戦してますか?



64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

誇りか、怠慢か

最近、Twitterでとあるダンスインストラクターの投稿を読んだじゅりっこさん。 どんなツイートかというと・・・ 「ダンスレッスンは、楽曲の著作権というグレーな部分に目をつむって行っている。そのうえ、最近ではKPOPクラスとかいって、本家アーティストの振付を有料で教えるダンススタジオも増えている。これってどうなの?」 こんなかんじの内容。 つまり、ダンスレッスンはそもそも勝手に(JASRAC包括契